ヘリノックス:グラウンドチェア バイクに最適な、あぐらがかけるイス!

キャンプ道具

ヒスケです!

キャンプを快適に楽しみたいなら、やっぱりイスは必需品。
でも荷物が増えるから、バイクキャンプにとってイスは贅沢品。

そこで、コンパクト収納できるイスで有名なヘリノックス。
特にバイクキャンプに使いやすい「グラウンドチェア」をご紹介いたします。

こんな人にオススメ

「イスに座ってのんびりする時が至福」
「とにかくコンパクトになるイスを探している」
「テントの中でも使えるローチェアが欲しい」

足が伸ばせて、あぐらもかける

グラウンドチェアの1番良いところは、座る姿勢の自由度が高い事。

座面が握りこぶし2個分ぐらい(22cm)のローチェアなので、座椅子のように使えます。
足を伸ばすこともできるし、あぐらをかいて座ることも出来ます。

これは座面の低いグラウンドチェアだから出来ること。
チェアワンなどの、ローチェアではないタイプでは出来ません。

景色を見ながらのんびりコーヒーを飲む →足を伸ばす
テーブルで料理や作業をする、スマホを見る →あぐらをかく

のように、お好みの姿勢で過ごすことが出来ます。
私は地べたではあぐらをかくことが多いので、すごく落ち着きますね。

テントの中でも座れる

こちらも、ローチェアだからこその利点。

着座位置が低いので、テントやタープの下でも普通に座ることが出来ます。
頭上に余裕があるので、小さいテントやタープの中でもレイアウト場所の制限が少ないです。

高さ150cmのパンダテント。その前室部分で普通に座ってくつろげます。快適です。
横に敷いてあるマット(座布団代わり)とこれしか着座位置変わりません。

バイクで使うようなテントは、室内はそこまで大きくない物がほとんど。
寝る時しかテントに入らないという人も多いのでは?

テント内でイスで寛げたら、雨や悪天候の時でもリラックスして過ごせます。
座面の高いイスでは、テント内でくつろぐことはかなり厳しいと思います。

軽くて小さい収納

グラウンドチェアは、チェアワンより軽く・小さくなります。
ちょっとした差ですが、少しでも軽量・コンパクトに越したことはないですよね。

amazonより引用

特に重さは半分程度。チェアワンの960gに対して、640gしかありません。
さすがに軽量化を追求したチェアゼロには敵いませんが、それに匹敵する軽さです。

他の道具との比較

軽すぎて困ったことも・・・

軽いのは持ち運びには良いことですが、時にアダとなることも・・・。

まだグラウンドチェアを買って日が浅いある日。
立ち上がったタイミングでイスが風に煽られ、焚火に向かって吹き飛ばされてしまいました。

すぐに取り払いましたが、火の熱で生地にはポッカリ穴が・・・。
幸い大きなダメージではなかったものの、お気に入りのイスが一瞬で傷物になってしまいました。

これだけ軽くて風を受ける面積が広いと、いとも簡単に飛んでいきます。

離席時は風で飛ばされない様に、荷物を置いたりアンカーを打つなど対策しましょう。
焚火被害者は結構多いようで、そのためのペグまで販売されていたりします。

立ったり座ったりは苦手

グラウンドチェアの弱点と言えばこれです。
低く腰掛けるタイプのイスなので、立ち上がるのはちょっと大変です。

膝を深く曲げて「よっこいしょ」としなければいけません。
頻繁に立ったり座ったりする場面では、結構疲れます。

出来れば、ずっとイスに座っていられるような場面で使いたいですね。
イスを中心に荷物を配置して、手を伸ばせば届くレイアウトが理想的。

縁(へり)の部分をひじ掛けのように持てば、少し楽に立ち上がれます。
生地やフレームに負担はかかりますが、そこは頑丈に出来てるので大丈夫。

皆と目線が合わない

グループキャンプや現地で意気投合した人らで、焚火を囲む。一緒に食事する。
よく見かけるシチュエーションですよね。

この場合、グラウンドチェアを使っている人だけ目線が低いので、ちょっと違和感あります。
みんなよく使っているのはチェアワンなどのミドルチェアですからね。


そういうことを気にされるのであれば、チェアワンを買ったほうが良いかと思います。
ちなみに私は生粋のソロキャンパーなので、見知らぬ人とグラスを合わせることはほぼありません・・・。


たまに友人らとグループキャンプしますが、その時は違和感どころかグラウンドチェアの物珍しさに
「座らせてっ!!」と取り合いになって占有されるぐらいの人気。嫉妬します。(笑)

気心知れた友人らとなら、視線が低かろうが別に気になりません。

まとめ

とにかく座り心地が抜群のヘリノックス。
座面が低い事のメリットが良いと感じた方は、チェアワンよりグラウンドチェアをお勧めします。
本当にくつろげるイスとは、このこと。

定番のブラックに加え、今ではコヨーテタンというカラーもあります。
が、やはり人気商品なのか売り切れ続出。欲しい人はこまめにチェックしましょう。
(私もずっと狙ってるんですけどね・・・)

コメント