GSI スパイスミサイル:6つの調味料をコンパクト収納

キャンプ道具

バイクキャンプで料理にこだわりだすと、必ずと言っていいほどぶち当たる問題。

調味料だけで荷物が嵩張る!!

ということ。
いくら小分けのケースで買い揃えても、何本もあると結構な荷物になるんですよね。
そして、せっかく持ってきたからとテーブルに並べると、調味料だけで机がいっぱいに・・・。

今回はそれを解消する、「コレが欲しかった!」的アイテムをご紹介します。
それが、GSIのスパイスミサイルです。

GSI スパイスミサイル基本スペック
部屋数 6(2気室3段)
サイズ Φ35x100mm
価格  2,000円
販売サイト(A&F)はこちら

2部屋の3段構造

ミサイルという名の通り、細長い形状をしています。
全体図と中身はこんな感じ。

このスパイスミサイルは、部屋が6つに区切られています。1つの段に2部屋、それが3段。
連結して収納するので小分けボトル6本を持って行くよりもはるかにコンパクト

容量は測っていないので詳しくは分かりませんが、味の調整やちょい足しで使うなら
ソロ~少人数で数回の食事に使えるぐらいのキャパはあります。
こんな入れ物が欲しかった人、多いのでは?


付属品に、穴の開いた内蓋が4つ付属します。
小穴は塩、コショウなどに。中穴は粗挽きの調味料向け。
大穴はもっと大きな粒の調味料のほか、中身を補充する際に隣の部屋に混ざらないように使います。

標準では3段ですが、必要に応じて2段にしたり、買い足して増やすことも可能。
使わないフタは、底のオレンジのカバーの中に収納してくことが出来ます。

何入れる?調味料ドラフト会議

さて、お次はこれに何を入れて持って行くか考えてみましょう。
6枠の選抜です。これを考えるのもまた楽しいんです。

私はそこまで料理にこだわるわけではないのですが
上段:塩、コショウ
中段:山椒、ゴマ
下段:七味、カレーパウダー

あたりが定番になっています。

塩・コショウはお料理の定番。肉にも野菜にもよく使いますね。
山椒、ゴマ、七味といったものは味にインパクトが無い時のちょい足しに。
カレーパウダーは究極のスパイス。どんなマズイ料理もカレーに変えてくれる最終手段です。
※ 私、基本的にレトルトや既製品を作るのがメインなので、調味料は多量には使いません。

ついでに、私が他に持って行く調味料など。

左のマジックソルトはお肉にめちゃくちゃ合うしめちゃくちゃ使うので、別途ボトルで持って行きます。
中のオリーブオイルは炒め物や鉄板・スキレットのお手入れに。
右の緑茶パウダーは調味料じゃないですが、お茶が好きなので常備。

これらはすべて無印良品の小分けボトルに入れています。
種類が豊富で、液体でもこぼれないので安心して持ち運べます。

ちなみに、スパイスボトルに液体を入れると漏れるのでオススメはしません・・・。

縦収納でコンパクト

このスパイスミサイルの気に入っているところは、見た目と使い勝手の良さ
使わない時でもかっこよく置いておけるし、縦長なので机のスペースを占有しません。

調味料って使わない時は邪魔になるんですよね。
スパイスミサイルは6種類で1本のスペース。常に机に置いといても気になりません。

ボトルの破損や変形で中身が漏れたら悲惨なので、ケース保管がおすすね。
私はこのように、セリアの小物入れに調味料やスティックコーヒーなどまとめてあります。

今はコーヒーミルなども持っていてるので、そちらと一緒に入れています。
調味料や料理に使うものはまとめておくと便利ですね。

まとめ

コンパクトでスタイリッシュ!
嵩張りがちないろんな種類の調味料を、これ一つでスッキリまとめてみませんか?

コンパクトで多くの種類が収納できるケースはあまりないので、ほぼコレ一択じゃないかなと。

○GSI(ジーエスアイ) 11871961・スパイスミサイル
登山用品とアウトドアのさかいや
¥ 1,760(2020/05/05 13:59時点)


フタが割れるというレビューをいくつか見かけますが、私のは全くその気配なし。
漏れないようにとキツく締めるとなりやすいのかなぁ・・・。

モンベルの店舗やA&Fでよく見かけますので、現物が気になる方はそちらを探してみましょ。
私のお気に入りの一品です。オススメ!

コメント