SOTO レギュレーターストーブST-310:コンパクト収納のシングルバーナー

キャンプ道具

ヒスケです!

キャンプ界で大人気のシングルバーナー、SOTOのST-310をご紹介します。
低温でも火力が安定し、オプションパーツも豊富。信頼と実績のある大鉄板ギアです!

こんな人におすすめ

・CB缶燃料のバーナーを探している
・火を扱うので、信頼性が高いほうが良い
・小さくても十分な火力が欲しい
・寒い時期でも確実に使いたい
・とにかく間違いないものが欲しい

SOTO ST-310 基本スペック
展開サイズ 166x142x110mm
重量    350g
最大火力  2.9kW(2,500kcal/h)
使用時間  約1.5時間
価格    6,800円
メーカーサイトはこちら

レギュレーター機構で火力安定

このバーナーには、マイクロレギュレーターという仕掛けが付いています。
火力が低下しやすい低温での使用時や、ガスの残量が少ない時でも火力の低下を抑える機構です。

メーカーサイトより引用

この機構のおかげで安定した火力を維持できるのです。炊飯時は火力調整大事ですからね。
現在CB缶のバーナーでこの機能があるのは、これとST-330だけ。

この頼もしい機能のおかげで、冬でも臆することなくガスバーナーを使えるのです。
機能でカバーできる範囲にも限界はありますが、冬キャンプするならぜひ欲しい機能です。

必要十分の火力

MAX火力で2.9kWというパワーがあります。
これはSOTOのCB缶バーナー4つの中で、2番目に強い数値です。

私が行った実験では、気温15度で5度の水400mlが2分10秒で沸騰しました。
最大火力を言葉で例えるなら「怖いぐらい強い」です。

最大火力のテスト。あまりの熱にクッカーの持ち手カバーが溶けた。

よほどコンディションが悪くない限り、この火力で物足りないことはないでしょう。
シングルバーナー最大の敵は風なので、風防さえあればまず大丈夫。

ちなみに燃費は、最大火力でCB缶1本を1.5時間持続可能。
数回お湯を沸かす程度なら、2泊しても十分足ります。3泊も余裕じゃないかな・・・。

オプション豊富でカスタム放題

人気商品だけあって、メーカー純正/非純正ともにたくさんのオプションパーツが存在します。

中には100円ショップの商品を流用した風防なんかもあります。
使用者が多いということは、それだけ多くの知恵や工夫があるということ。
ありがたく、先人の知恵を頂きましょう。

私のST-310も、ダイソーのクッキー用の型風防、純正のアシストレバーと足カバーを付けています。
その他、CB缶の過熱を防ぐ遮熱版や溶岩石プレート、極厚鉄板など種類豊富。
ここまでアフターパーツが多いギアも珍しいですよね。

標準装備のままではツライ

オプション豊富なのは良い事ですが、裏を返せばノーマルでは物足りないということ。
特に点火アシストレバー、アシストグリップがないと点火時に火傷する可能性大。
「初めから付けとけよ!!」といった声も多数聞かれます。

1,000円しますが、この2つだけは絶対に付けておくことをオススメします。
あるかないかでかなり違います。熱湯で火傷したくないなら必須。

スタッキングできるクッカーはこれ

収納サイズは決して大きくはないのですが、スタッキングできる場所は限られます。
私オススメのユニの山クッカー角型に収まれば良いのですが、残念ながら入りません。

荷物の重みで足が変形したり、点火機構が壊れてしまうのを防ぐためにも
出来るだけスタッキング、または専用のケースに入れて持ち運ぶことを推奨します。

手持ちの道具では、コールマンのパックアウェイソロクッカーにピッタリ収まりました。
クッカーの直径(内寸)が11cm以上、高さ14cm以上あれば収まるようです。
※ パックアウェイソロクッカーは外径12cm、高さ15cm

まとめ

手ごろで入手しやすいCB缶。
低温でも安定した火力と、多彩なカスタムパーツ。

多くのキャンパーに選ばれ続けるシングルバーナーのベストセラー商品、ST-310。
いろんなメーカー・モデルがあるシングルバーナーの中でも間違いなく1番の人気と実力があります。

シングルバーナーに迷ったら、これ!
私も別のバーナーからの乗り換え組ですが、やっぱりこのバーナーが一番使いやすいです。

いまさら私がオススメするまでもないぐらいの定番商品ですが、ぜひご参考に。

コメント