TANAX ツアーシェルケース2:パニア風の大容量サイドバッグ

バイク装備

バイクでキャンプツーリングに欠かせない要素が荷物の積載
キャンプ向けの大型シートバッグでも足りないなら、サイドバッグを追加しよう!

今回はカッコいい見た目と実用性を兼ね揃えた、TANAXのツアーシェルケース2をご紹介します。

こんな人におすすめ

・サイドパニアに憧れているけど、設定が無い
・荷物が収まらないので、たくさん入るサイドバッグが欲しい
・サイドケースを付けてツアラー風にしたい

TANAX ツアーシェルケース2基本スペック
容量(片側)20L、2.5kgまで
サイズ   30x42x22cm
カラー   ブラック他全4色
販売価格  24,000円 (定価36,300円)
メーカーサイトはこちら

取り付けのコツはこちら。

荷物が入れやすい大容量四角型

このサイドバッグは、容量を重視した四角型
パッキングしやすい形なので、隅まで荷物を詰め込むことが出来ます。
シートバッグを付けていても取り出しやすいサイドオープン式なのもGOOD。

20Lの容量と言ってもピンときませんが、実際手に持つと結構デカいです。
長辺が41cmあるので、小さいテントや寝袋なら入ってしまいます。

さぁ、このケースに何をどう詰め込むか。
これを考えながら荷造りするのがまた楽しいんですよね。

マフラーやウインカーとの干渉に注意

ケース自体が大きな四角なので、車種によってはマフラーやウインカーに干渉します。
車種別フィッティングはメーカーサイトにも多数載っていますので、参考にどうぞ。

私のバイクはホンダCB400SBですが、ウインカーにあたるギリギリで取り付けています。
マフラーもややクリアランス小さめですが問題なし。
万が一接触しても溶けにくいようにアルミテープを貼っています。
+本体が熱を持ちにくいカーボンマフラーへ換装済み。これはただの趣味です(笑)

着脱・持ち運びが簡単な構造

「サイドケースってどうやって取り付けるの?」「難しいのでは?」
大丈夫です!取り付け自体はとてもシンプル。

(左)リアシートにベースをベルトで巻いて取り付け。
(右)バックルとマジックテープで大体の場所へ取り付けて、位置決めベルトで締める。
これだけ。

いろんなバイクに取り付けられるように、いろんな箇所にバックルやリングが付いています。
TANAX公式ツイッター等でも親切に取り付け相談に応じてくれるので、サポートは万全。

取り外しもバックルを外すだけ。ハンドルが付いているので持ち運びも楽々
駐輪場所からテントまで遠い場合でも、ケースごと持って行けますよ。

パニアのようなカッコイイ見た目

私がこのケースを選んだ一番の理由はコレ。
何と言っても見た目がかっこいい!バイクは見た目も重要なポイントです。

CB400SBの兄貴、CB1300SBにはパニアが付いたCB1300ST(スーパーツーリング)というモデルがありまして。
これにずっと憧れていました。ツアラーらしい堂々としたスタイリングがカッコイイ!!

やっぱりケースを付けたバイクは「旅感」が出るので好きなんですよ。
で、それに少しでも近づきたくてパニアっぽいケースを探し、これに至ると。

バイクは旅をする道具。
実用性も大事だけど、気分が上がる見た目であることはもっと大事です!
シルバーを選んだのも、ケースを目立たせるためです。

防水インナーは必須

このケース自体には防水機能はありません。
雨が予想されるならば、付属の防水インナーを使いましょう。

ちょっと面倒かもしれませんが、慣れてしまえばどうってことないです。
それより道具がびしょ濡れになって壊れたりする方がツライ。


「じゃあ、予想外の急な雨の時は防水インナーに道具を詰め直すの?」
そんなんやってられませんよね。その間に濡れます。

そんな時の為、オプションの外付けレインカバーを持っておくと良いでしょう。


これならさっと被せるだけ。防水インナーより便利なので、これは標準で付けておいて欲しかったな・・・。

まとめ

数あるサイドケースの中でも、トップレベルの容量と機能性(お値段も)。
ガッツリ荷物積んでいきたいならコレ、いっときましょう。

バイクを乗り換えても使いまわせるし、日帰りツーリングでも使えると思えばめちゃくちゃ高い買い物ではないはず。
バイクの荷物積載に新たな可能性を!


もうこれで、お気に入りの道具を持って行くのを我慢しないで済みます。
おのずと道具を積む場所が決まるので、パッキングも楽になりますよ。

コメント