24.5.15更新:Zライトソルをスモールサイズにして失敗した話

風量よし!値段よし!【どこでもFANTASTIC】暑さ対策USBファン

キャンプ道具
この記事は約5分で読めます。

夏キャンプの暑さ対策に、据え置き型のUSBファンを買いました。
安価な割に結構良かったので、実際の使い勝手も含めたレポートをお届けします。

購入したのはトップランドの「どこでもFANTASTIC」
価格は3,000円ちょっとで、コンパクトなのに風が強い!

サイズ横18㎝x高さ25㎝x奥7.5㎝
重量400g
電源①家庭用コンセント
②USB
②乾電池(単一x4本)
消費電力0.5W〜3W
風量調整3段階
角度調整上下90度

あれこれいろんなシステムはいらないから、シンプルに風が強いファンがほしい!という我が家のニーズにぴったり。
手に持つタイプのハンディファンではちょっと物足りないと思っていたので、なかなか良い買い物をしました。

それでは詳しく見ていきましょう。

この記事を書いた人
ヒスケ

中部・近畿地方を中心にキャンプツーリングを楽しんでます。
キャンプにハマって10年、累計120泊を超えました。
「本気で遊んで、誰かの役に立つ」をモットーに、情報発信していきます!



【モデル紹介】どこでもFANTASTIC SF-DF38BK

パッケージはこんな感じ。
「HOME&OUTDOOR」とあるように、家でも外でも使えるよ!というのが売りみたいです。

裏面には3WAY電源、とあります。
コンセント、USB、乾電池と3つの電源で動かせるのが便利ポイント。


(左)中身は本体、コンセントアダプター、USBケーブル、取説。
(右)梱包状態ではファンの保護スポンジが挟まっているので、使用前に外します。


(左)本体側面には、電源ケーブルを刺すジャックがあります。電源側はUSB-Aでした。
(右)底面には乾電池スペース。単一4本で50時間駆動とのこと。単3の充電池が使えたらもっと便利なんですが。

本体は見ての通り薄くてコンパクト。A4を縦にしたぐらいでしょうか。
テーブルの端に置いても邪魔にならないし、持ち運びや収納時も場所を選ばないですね。


本体正面の右側に電源ボタン。OFF→弱→中→強の順で稼働します。
その左にはタイマーボタン。1H→3H→5Hとあります。就寝時などに活用できそう。

ファンの角度は、縦に90度ずつ変えられます。左右の首振り機能はありません。

奪い犬
奪い犬

暑い日はファンの取り合いだ!!

【機能】最大風量はかなり強い

さて、この手のファンを選ぶ上で最も重視したいのが風量
とにかく風が強くないと意味がないですからね。

私は購入前に実機を店舗で触って確かめていました。
最大風量は、家庭用扇風機の「中」くらいはありそうかな?というイメージ。

動画の中での風切り音で、その風量を感じ取ってください。
最大風量にすると、約1.5〜2mくらい先まで風が届きます。

小さなボディと価格から考えたら、結構風量あるなぁ!と思える強さ。
他社のファンは似たような風量でも価格が倍以上するので、コスパの良さが決め手でした。

【持続時間】1万mAhバッテリーで8時間持つ

今度は持続時間を見てみましょう。
こちらは充電式ではないので、野外ではモバイルバッテリーなどを使うことになります。

アンカーの1万mAhのバッテリーで、最大風量でどのくらい持つか実験してみましょう。
ケーブルをつなぎ、MAXパワーで回して検証開始!


ちなみに事前に消費電力から計算したところ、約8.6時間程度持つ、という計算結果が出ました。
計算式はこんな感じ↓

バッテリー:10000mAh=10Ah
リチウムイオンは3.7V →10Ahx3.7V=37Wh
3.7VをUSB5Vへの変換ロス70%=25.9Wh

消費電力3W →25.9Wh÷3W=8.6時間持続する
ちなみに弱運転(0.5W)だと51時間

参照:OUTDOOR STYLE
8時間持つ…という計算の割に、4時間経過してもバッテリーの残表示は3/4あります。
う〜ん?表示が正しければ16時間持つことになるが…とりあえず最後までやりましょう。


(左)8時間弱経過したところで、残表示が1/4になっていました。もう止まりそう?
(右)8時間半経過したところで、ついにバッテリーが切れました。計算通り8.5時間持ちましたね。

ということで、最大風量で1万mAhバッテリーで8時間半持つ、ということが分かりました。
バッテリーの残表示は、きれいに4分割されてるわけではないのかな?

【実践】夏キャンプで使ってみた(太陽光無限稼働)

実際に夏キャンプで使ってみました。
屋外では太陽光という自然のエネルギーがあるので、コレを使って無限稼働させてやります。

使うのはアンカーの21Wソーラーパネル「POWER PORT SOLAR」
1ポートあたり2.4Aの出力をしますので、ファンくらいなら楽勝で回るはずです。

結果は大成功
モバイルバッテリーを使うこと無く、ファンを回し続けることが出来ました。
太陽が出ていれば無限に風を生み出します

ちなみに、5月中頃の日の長さなら、17時頃までは稼働しました。

【まとめ】安価で風の強い据え置きファン

ということで、安価でも風量しっかり!
モバイルバッテリーでもソーラーパネルでも使えるシンプルなUSBファン、どこでもFANTASTICでした。

夏キャンプや野外イベント、ガレージでの作業の際に暑さ対策として1ついかがでしょう?
日中だけじゃなく、熱帯夜となったときの寝苦しさ対策にもめちゃ有効ですよ。

それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました