氷点下でも使えるCB缶 SOTOパワーガス3本セット

ツアーシェルケース2のオプションテーブルをDIYする

バイク装備

サイドケースをテーブルとして使えるようにする、ツアーシェルケース2のオプションテーブル
アイデアは面白いのですが、いざ買うとなると結構高い・・・。

そこで、簡単にできる方法でDIYして作ってみました。
かかった費用は500円程度。この記事では、その制作過程をご紹介します。

同じようにDIYしようと考えている人がいたら、参考にしてみてください。
本家の商品ページはこちら→ツアーシェルケース オプションテーブル(タナックスHP)

ツアーシェルケース2の紹介記事はこちらです。

この記事を書いた人
ヒスケ

関西・東海地方を中心にCB400SBでキャンプツーリングを楽しんでます。
キャンプにハマって10年目、ついに累計100泊を超えました。
ちなみに、降雨率6割超えの超雨男。
キャンプの始め方から、楽しみ方まで狭く深く探求してます!

中敷きサイズに板をカット

オプションテーブルは、ツアーシェルケースに収まるサイズです。
ということは、ケースに付属している中敷と同じ寸法に板を切り出せばいいはずです。

試しに中敷を置いてみると、まさにそんな感じ。

ということで、ホームセンターで適当な板を買ってきました。
あとは中敷で型を取ってカットしてやれば、あっという間に天板の出来上がり。

固定方法はマジックテープで

本家のオプションテーブルは、天板とケースをバックルで留められるようになっています。
この方式を真似するのは大変です。なので、もっと簡単にできるやり方を考えました。

ツアーシェルケースには、左右を繋ぐマジックテープがあります。
このマジックテープを使えば、ケースに天板を固定できそうです。

100円ショップで裏面粘着のマジックテープを買ってきました。
テーブルとケースのマジックテープが合う位置を測って、ペタリ。

完成!!収納もばっちり

あっという間に出来ました!

どうでしょう?ちゃんとオプションテーブル風になってるでしょ?
マジックテープでもしっかりと固定できているので、簡単には外れないようになっています。

中敷と同じ寸法の薄い板なので、ちゃんとツアーシェルケース内に収納することが出来ます。
本家同様、荷物を圧迫することなくテーブルが増えました。

本物と比較

本家と並べてみました。

アルミ製の本家には質感や耐久性・かっこよさは敵いませんが、500円というローコストで出来るのがDIYの強み。
板のままではかっこ悪いので、好みの色に塗ったり、木目調シートを張ったりしてもいいですね。

さて、肝心なテーブルとしての使い心地ですが・・・
この続きは、↓こちらの続編記事で紹介しています!

コメント

タイトルとURLをコピーしました