[DoD]タープ不要の大型キャノピーが自慢!ライダーズワンポールテント

SOTO レギュレーターストーブ ST-310:寒さに強い高火力バーナー

4.バーナー、ストーブ

ソロキャンプで使うバーナーなら、絶対オススメなのがSOTOのST-310。
初めてのキャンプ道具選びで悩んでいる方、ST-310の使い勝手が気になる方、ぜひ一読ください。

困った君
困った君

バーナー選びで失敗したくない!!

この記事は、こんな人におすすめ

・カセットボンベ(CB缶)を使うバーナーを探している
・火を扱うのは不安なので、信頼性のあるものが良い
・冬でも使える火力と安定性が欲しい
スタッキングのことも考えたい
とにかく間違いの無いものが欲しい!
・ST-310のリアルな使い勝手が知りたい

ST-310の基本スペック
最大火力 2.9kW(2,500kcal/h) 使用時間 約1.5時間(最大火力時)
展開サイズ 166x142x110mm 重量 350g 収納ポーチ付き

メーカーサイトはこちら→SOTO ST-310

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ヒスケ

関西・東海地方メインにフルパニア仕様のCB400SBでキャンプツーリングを楽しんでます。
キャンプ歴8年目、アウトドアが大好きでジムニーにも乗っています。
2021年の夏は初めての北海道ツーリングに挑戦します!

ST-310の基礎知識

冬でも使える、十分すぎる火力

ST-310の最大火力
最大火力のテスト。あまりの熱にクッカーの持ち手カバーが溶けた。

最大火力2.9kWのパワーがあります。これはSOTOのCB缶バーナー4つの中で、2番目に強い数値です。
(ちなみに、ライバルのイワタニ・Jrコンパクトバーナーは2.7kWです)

この最大火力を言葉で例えるなら「怖いぐらい強い」です。
小さめのソロ用クッカーの場合、炎が鍋より大きくなってしまうので最大火力で使うことはほとんどありません。


私が行った実験では、気温15度で5度の水400mlが2分10秒で沸騰しました。
気温が低い冬場では、火力が乏しいとなかなかお湯が沸きませんが、このくらい火力があれば問題ありません。

使用時間は1.5時間となっていますが、ソロキャンプレベルならCB缶1本で2~3泊は使えます。
1晩でかなり使ったなぁ!と思っても、3分の2ぐらい残っている場合が殆ど。

レギュレーター機構で火力安定

このバーナーには、マイクロレギュレーターという仕掛けが付いています。
火力(ガス圧)が低下しやすい低温での使用時や、ガスの残量が少ない時でも火力の低下を抑える機構です。

SOTOのサイトより引用

この機構のおかげで安定した火力を維持できるのです。
CB缶のバーナーは火力が弱いとか寒さに弱いと言われていますが、それはレギュレーターが付いていない機種の話。

現在、CB缶バーナーでレギュレーター機能があるのは、コレとST-330だけ。
あると無いとでは肝心な時に大きな差になります。スペックには表れない、とても大事なポイントです。
補足 レギュレーターは寒さに強くなる機能ではなく、ガスの圧力低下による火力ダウンを防ぐ機能です。寒さに対応するにはガスの成分が重要です。

スタッキングできるクッカーはこれ

収納サイズは幅140mmx高さ110mmx厚み70mmと、他のバーナーと比べるとやや大きめ。
スタッキング(重ねて収納)するなら、同じ使用用途であるクッカーに入れるのが理想です。

私はコールマンのパックアウェイソロクッカーにスタッキングしています。
かなりギリギリですが、収納ポーチに入れた状態でも問題なくフタが締まります。クッカーの記事でも詳しく紹介しています。

SOTOから収納できる専用クッカーも登場

2021年SOTOの新商品で、ST-310を収納できる角型クッカーが登場しました。
袋麺を割らずに入れられる、鍋の角でお湯を注ぎやすいなど、角型クッカーもメリットはたくさん。おすすめです。

ソト SOTO 調理器具 鍋 ミニマルクッカー角 ST-3108
ヒマラヤ楽天市場店
¥ 5,500(2021/05/03 13:02時点)
サイズ的にはユニフレームの山クッカー角型3の大鍋とほぼ同じ。
山クッカーが高騰していて購入が大変なので、こちらを買うというのもアリですね。

オプション豊富でカスタム放題

人気商品だけあって、メーカー純正/非純正ともにたくさんのオプションパーツが存在します。
中には、100円ショップで買えるものがシンデレラフィットする「偶然の産物」まで。

それだけ使用者が多く、たくさんの知恵や工夫があるということです。ここまでパーツ豊富なキャンプ道具も珍しいですね。
ありがたく、先人の知恵を頂きましょう。

絶対付けておくべきオプションパーツ

SOTOの純正パーツ「アシストセット」は絶対付けておきましょう。

ST-310はノーマルのままでは点火スイッチが押しにくいうえ、加熱していると五徳の足が熱くなります。私も実際、火傷しました。
アシストセットは、点火しやすくなるスイッチの延長レバーと、五徳のシリコンカバーがセットになった商品です。

あると便利というより、無いと危険。こんなの、初めから付けておいて欲しい。

あると便利なオプションパーツ

火口部分に取り付けている風防。これはダイソーで売っているクッキー用の型がジャストフィットします。
たった110円で風への耐性がグンと上がるので、これもぜひ付けておきましょう。

取り付けはハメるだけ。ぴったりハマるので、いつの間にか取れていた・・・ということは一度もありません。
費用対効果の高い、おすすめのカスタムです。

バーナー用テーブルも便利でオススメ

ST-310に被せることでボンベを輻射熱から守り、物置場として活用できる専用テーブルもおすすめです。
こちらも2021年SOTOから同様の商品(ミニマルワークトップ)が発売されましたが、正直高くて重いので社外品の方がおすすめです。

こちらは安くて1,000円台~で買えるので、非常に手の出しやすいパーツです。
「テーブルにバーナー置くと、狭いなぁ・・・」と感じているなら、バーナーテーブルをお試しあれ。

まとめ

多くのキャンパーに選ばれ続けるシングルバーナーのベストセラー商品、ST-310。
いろんなメーカー・モデルがあるバーナーの中でも、間違いなく人気№1でしょう。

やったぜ君
やったぜ君

これを買っとけば間違いないね!

発売から10年以上経過していますが、いまだにキャンプシーズン前になると品切れになることもあります。
定価は6,380円ですが、現在も品薄による価格上昇の傾向が見られます。ロングセラー過ぎる!

イワタニのJrコンパクトバーナーも人気ですが、スペックではST-310が優勢ですね。
ちなみに私も別のバーナーからの乗り換え組ですが、やっぱりこのバーナーが一番使いやすいです。


購入から3年、何十泊と使い続けてきましたが故障やトラブルもなく、信頼性も高いです。
一部の安い海外製バーナーは製品不良によるガス漏れ・爆発などの事例もあります。火を扱う道具なので、ぜひとも信頼のおける製品を選んでください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました