RSタイチ:エアーパーカ(RSJ328)購入レビュー。NEWS BLACKが格好いいぞ!

バイク装備

RSタイチの春夏向けライディングジャケット「RS328 エアーパーカ」を買ったのでご紹介します。

NEWS BLACKというカラーの独特なデザインに一目惚れして、ほぼ即決で購入を決めました。
ド派手なのに不思議と馴染む、迷彩のような見た目が最高にお気に入りです。

暖かくなってくるとツーリング欲が高まり、ついついバイク用品を買いたくなりません?
私、ふらっと寄ったバイク用品店でこれを衝動買いしちゃいました。

言い訳犬
言い訳犬

全ては春のせいなの…

リアル店舗では値下げされにくいタイチのジャケットも、アマゾンなら安く買えるみたいです。
衝動が抑えられる人は、店で確かめてからネットで買う方が良いですね!

この記事を書いた人
ヒスケ

中部・近畿地方を中心にキャンプツーリングを楽しんでます。
キャンプにハマって10年、累計120泊を超えました。
「本気で遊んで、誰かの役に立つ」をモットーに、情報発信していきます!



カラー:NEWS BLACKの文字迷彩デザインが格好いい!

エアーパーカにいくつかあるカラーの内、NEWS BLACKというモデルを選びました。

私がこのジャケットを選んだ1番の理由は、性能だとか機能性ではなく、このデザイン!
一見派手に見えるのに、何故か目立ちすぎない不思議な印象を受けます。黒&グレーという色彩もGOOD。

デザインをよく見ると、いろんな「TAICHI」が書かれています。
ブランド名の文字をたくさんあしらえてデザインにしてしまう、なんともハイセンスな柄です。

こういうデザインを何と呼ぶのかは分かりませんが、派手なのに目立たないので「文字迷彩」とでも言いましょうか。

背面も同じデザイン。背中に目立つロゴが入っていないのが好印象。

一昔前までは、ジャケットの背中にデカデカとメーカーロゴが書かれているのが当たり前だったバイクアパレル界。
レーシーで格好いいんだけど、一般の人から見たら「正直ダサい」と思われても仕方ないと思っていました。

でもこのジャケットは、いい意味でバイクアパレルっぽくないですね。
派手には違いないけど、街中とかで着ていてもパッと見ライダーに見えないんじゃない?

うまく言葉にはできないけど、とにかく見た目が気に入って手に取ったのが始まりでした。

夏に使える、メッシュ多めのジャケット

エアーパーカは春夏向けなので、腕や脇の内側が大きくメッシュになっています。
胸ポケット上側もメッシュになっており、通気性を重視した作りであることがわかります。

実際に走行してみると、腕の内側や脇の部分からうまく風が通り、なかなか涼しく感じます。
春〜初夏、夏の終り〜秋口くらいまでの「1番のツーリングシーズン」に適したモデルだと思います。

なんやかんやで、この季節帯のジャケットを一番よく使いますからね。


胸の左右と両脇、合計4箇所ポケットが付いています。
一見ただのポケットに見えますが…

どちらも内側がメッシュになっており、開放すればベンチレーションとして機能する仕組みになっています。
4つとも開けておけばかなりの風が通り、フルメッシュまではいかずとも厳しい暑さにも対応できそうなポテンシャル。

デザインと機能性をうまく融合してますね!
各気温での感じ方は以下の通りです。

(条件)インナーシャツとしてモンベルのジオライン(中厚)を着ている状態
・気温25度(初夏の陽気)、50キロで走行:胸ポケット開放でちょうどよい
・気温20度(春の日中)、50キロで走行:フルクローズでちょうどよい
・気温15度(春の朝夕)、50キロで走行:中に防風インナーを着てちょうどよい


ベンチレーションの開放と、中に1枚着込むことで春先〜夏まで対応可能でしょう。
気温20度でも渋滞していたらベンチフル開放、高速走るなら中に防風インナー着たほうが良いですね。

その他の機能(プロテクター、ポケット、フード)

背中、肩、肘にプロテクターが標準装備されています。
胸プロテクターは付属しないので、別途買う必要があります。

タイチはCPSというプロテクターの規格があります。ボタンで留めるだけの簡単設計。
胸プロテクターにもいくつか種類がありますが、脱ぎ着しやすいセパレートタイプがおすすめです。

胸部はライダーの事故時に高確率で打ち付ける箇所。
内蔵をしっかり守るためにも胸プロテクターは必ず身につけましょう!安心感が全然違いますよ。


左脇には内ポケットが付いています。
スマホを入れるのにちょうど良さそう…と思ったら、私のスマホ(OPPO Reno3A)では大きすぎてフタが閉まりません。

今どきのスマホは大型化してきているので、ここはもう少し大きなポケットにしてほしかったですね。
胸や脇のポケットはベンチレーションとして開放する可能性が高いので、常に使えるポケットはここしかありません。

しかし、こんな見えない部分にまで文字迷彩デザインが採用されています。シャレてる〜!


フードは取り外し可能となっています。
このフード、つけたまま高速を走っても全くパラシュート状態になりません。

固定もしっかりしているので、走っていたらいつの間にか外れかけていた!なんてことにはならなさそうです。
※コミネのパーカーはフードがボタン留めなので、高速を走ると高確率で外れそうになります…。

サイズ感は普段通りでOK

160cm標準体型の私ですが、Mサイズを購入しました。
Sサイズでも良かったのですが、中に1枚着込むことを考えるとMで正解でした。

胸プロテクターも取り付けるので、試着時にはそのへんのことも考慮しましょう。
なんにせよ特殊なサイズ感ではないので、普段選んでいるジャケットのサイズで選べばOKでしょう。

ド派手なくせに目立ちすぎない!パーカで程よくカジュアル。
ツーリングシーズンに最適なRSタイチのエアーパーカ。カラー(デザイン)豊富ですが、私は文字迷彩のNEWS BLACKをおすすめします!


次に選ぶなら森林迷彩っぽいRECON CAMOかなぁ。
落ち着いたグリーンがキャンプシーンにもぴったりハマりそうです。

タイチのアパレルは本当にかっこいいデザインが多いので、個人的にめちゃ推ししてます。
ライディングパンツもタイチだし、ブーツもタイチ。なんならレッグポーチもタイチ。全身タイチマン!

タイチの価格はやや高めですが、やっぱりお気に入りの装備で走ると楽しいし気分も上がりますからね。
今後もかっこいいタイチ製品があればご紹介いたします!それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました