[DoD]タープ不要の大型キャノピーが自慢!ライダーズワンポールテント

Zライトソルはキャンプツーリングに最適なマット。底冷え防止に!

2.マット、シュラフ

キャンプで寝ていて、「背中が冷たくて寒い・・・」という経験したことありませんか?
サーマレストのZライトソルなら、その悩みを確実に解決してくれます。

この記事ではZライトソルの人気の理由と、実際に使ったレビューをご紹介します。
地面からの底冷えに悩んでいる人、Zライトソルの実力が気になる人、Zライトソルが自分に合っているか不安な方、ぜひ一読ください。

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ヒスケ

関西・東海地方メインにフルパニア仕様のCB400SBでキャンプツーリングを楽しんでます。
キャンプ歴8年目、アウトドアが大好きでジムニーにも乗っています。
2021年の夏は初めての北海道ツーリングに挑戦します!

地面は冷えます。寝袋では無力。

夏だろうが春秋だろうが、寝る時の地面は結構冷たいんです。人間の体温よりよっぽど低いです。
マットに冷えを遮断する「断熱性」がないと、冷えが背中に伝わる「底冷え」をしてしまいます。寝れません。


身体が冷えるので寝袋が原因?と考えがちですが、これは寝袋では防ぐことが出来ません。
寝袋の背中側は中の綿がつぶれてしまうので、保温力がほとんどないからです。

マットには底冷えを防ぐ断熱性が必要です。Zライトソルにはそれがあります。

床暖房のように暖かいマット

Zライトソルは、片面が銀色になっています。ここにアルミが蒸着(コーティング)されています。
このアルミが体の熱を反射し、マットが地面の冷たさを遮断する=暖かく寝れる!これがZライトソルの仕組みです。

銀色の面を上にして薄着で寝転がってみると、その実力はすぐに分かります。
みるみる背中がポカポカしてきて、熱反射の効果が感じられます。初めて使った時は床暖房に寝そべっているかのような感覚でした。

エアーマットを使った断熱効果の確認

Zライトソルの断熱効果については、以下の記事でも検証しています。
エアーマットが冷たい地面によって冷やされる「対流」をZライトソルで防げるか?という内容です。
気になる方はご覧ください。

夏は暑い?→裏返して使えば問題なし。

じゃあ、夏は逆に暑くて使えないんじゃない?と不安な方。大丈夫です!
Zライトソルは裏表リバーシブルになっているので、熱反射が不要な時は銀を下にして寝ればよいのです。

表面が凸凹しているので背中が蒸れにくく、暑い日でもちゃんと使えるのがクローズドセルマットの強みですね。

絶対に壊れないという安心感

クローズドセルマットはシンプルで丈夫な作りになっているので、壊れるということがありません。
雑に扱っても良いし、濡れたり汚れてもダメになることはありません。道具の扱いに不慣れな初心者にこそオススメです。

私はZライトソルを買うまではエアーマットを愛用していましたが、乾燥不足によるカビでパンクしてしまい、ダメにしてしまいました。
高くて品質の良いモンベル製品だから大丈夫、と安心していたのがダメでした。詳しくは↓こちら。

キャンプ道具は現地で壊れると補修は難しいし、ちょうどいい代替え品も入手は困難。非常に困ります。
壊れないという信頼性は、何物にも代えがたい1番大事な性能です。

座布団としても大活躍

クローズドセルマットは空気漏れ・破損の心配がないので、砂利や尖った石が転がっている地面に直接敷いてもOKです。

イスに座るまでもないとき・ローテーブルに合わせて地べたに座りたい時は、マットを座布団代わりにしちゃいましょう。

暖かいのはもちろん、2重に折り畳めば座り心地は最高。キレイに半分に折り畳めるZライトだからこそのワザです。
あぐらかいて座るのが好きな人には特におすすめ。イスが要らないので荷物を減らしたい時にも有効です。

まとめ:キャンプ用マットの鉄板アイテム

ということで、サーマレストのZライトソルをご紹介してきました。
他のキャンパーさんを見ても、これを使っている人は非常に多く、人気のある定番商品であることが伺えます。

寒さへの性能と、時期を選ばず使える汎用性の高さ、買って損なしの鉄板アイテムです。


ただお値段的にはやや高めで、実際に使うまでこの性能の良さを感じることが難しいのも事実。
ほとんど同じ構造でお値段が半額以下の類似マットがあるので、予算抑えたい方はこちらを選んでも良いと思います。

Soomloom製は安くて評価も良く、特におすすめです。オレンジには枕のオマケ付き。
格安のアルミマットって、サーマレストと比べてどうなの?という疑問は↓の記事で検証しています。

※ 私は当時安かったWAQ製品を購入しました。今は値上げしたのでオススメはしづらいかな・・・

スモールサイズ買うのはちょっと待て

ここで一つアドバイス。スモールサイズを買おうか迷っているなら、やめておいた方が良いです。

Zライトソルにはレギュラー・スモールの2サイズがあり、長さが違います。
スモールは山登りする人向けで短く、いわゆるオートキャンプ用途には長さが足りずに不快でしかありません。
(山岳キャンパーはザックなどを敷いて荷物削減&マットの短さをフォローするそうです)

私は安い&コンパクトになるという理由でスモールサイズを買って失敗しました。詳しくは↓こちら。

参考にどうぞ。

コメント

タイトルとURLをコピーしました