24.5.15更新:Zライトソルをスモールサイズにして失敗した話

[愛知県]浜オートキャンプ場|ライダー向けキャンプ場紹介|海が目の前の釣りし放題スポット

キャンプ場
この記事は約5分で読めます。

バイクでも利用しやすいキャンプ場をどんどん開拓していくシリーズ。
今回は愛知県の知多半島にある「浜オートキャンプ場」です。

海沿いにあるのんびりとした時間が流れるところで、忙しい現代社会に疲れたらぜひとも訪れたいスポット。
景色や人に、きっと癒やされること間違い無しのおすすめキャンプ場です!

この記事を書いた人
ヒスケ

中部・近畿地方を中心にキャンプツーリングを楽しんでます。
キャンプにハマって10年、累計120泊を超えました。
「本気で遊んで、誰かの役に立つ」をモットーに、情報発信していきます!



[概要]知多半島の海が目の前!爽快な海岸キャンプ場

浜オートキャンプ場 バイク

住所 愛知県知多郡美浜町大字豊丘字五宝127番地
予約 電話メールなっぷ(A会場のみ)
Web https://n8qt1.crayonsite.net/
料金 2,000円 (通年営業、in10時〜17時/out10時)
乗入 可能
特徴 海が目の前、海産物店近く

浜オートキャンプ場は、知多半島の東側海岸に2023年3月にOPENした海辺のキャンプ場。
名古屋市から1時間、南知多道路 南知多ICから10分とアクセスが良く、サイトの目の前が海のため釣りをするにも最適です。
チェックイン時間が10時〜と早いので、のんびりとキャンプ時間を楽しみたい方にもおすすめです。

[サイト]海が目の前、区画サイトが2種類

キャンプサイトは2種類(A会場、B会場)で、いずれも区画サイトで合計43箇所あります。
AとBの違いは堤防の高さのみとなっており、料金も同じです。

なお、なっぷからはA会場しか予約できないので、B会場を利用する場合は電話かメールで行う必要があります。

↑今回利用したのはA会場。炊事場の真横にあるA-1サイトでした。
写真では見えづらいですが、地面にロープが張ってありきちんと区画されています。

バイクでも車でも乗入れ可能。定員は5名まで。
広さは80〜90㎡とのことで、ソロキャンプならタープを張っても余裕の広さがありました。

地面はやや硬めの砂利なので、強風にも備えて鍛造などの頑丈なペグがおすすめです。
実際利用した日も夜中に風が強くなったので、設営段階できっちり風対策をしておきましょう!

A会場の1〜15サイトは、海沿いに横並びに配置されています。
堤防の高さがあるのでサイトからは直接海は見えませんが、その分風の影響を受けにくくなっています。

16〜31サイトは通路を挟むので、海まではやや距離が離れます。
どのみち海は直接見えないので、釣りをしないならどこに張ってもそんなに変わらないかな、という印象。

護岸へ登れば、このように海がドーン!と見えます。
対岸に火力発電所などがあり、夜はちょっとした夜景になってますね。

なお、この護岸通路はキャンプ場敷地では無いようで、地元の人もちょくちょく通っていました。
テーブルやイスなどを置いて通路を占拠しないように!釣りをするなら後方の通行にも注意しましょう。
海にも降りれますが、貝を採ることは禁止。遊泳も危険なので出来ません。


A会場から通路を通り、50mほど奥にB会場があります。
こちらは堤防が低いので海がよく見え、A会場よりも人気のようでした。

B会場は少し狭く約75㎡とのこと。海風が吹きさらしなので、風が強い日は大変かも。

[設備]給湯器付き炊事場、シャワー室完備

パッと見何もなさそうなゆる〜いキャンプ場ですが、意外と設備は整っていて快適に過ごすことができます。

(左)コンテナハウスのような所が受付・管理棟です。中でお菓子や氷など簡単なものを買うことができます。
管理棟の隣りにある小さな建物はシャワー室。

(右)お手洗いは簡易的な見た目をしていますが、洋式の温水洗浄でキレイに管理されていました。

ちなみにここは家族経営のようで、スタッフさんはみんな気さくに話しかけてくれてとても良い雰囲気でした。

↑こちらがシャワー室。無料で10分利用できます。受付時に利用時間を紙に書いて予約する仕組み。
お湯が10分出るのではなく、入ってから出るまでが10分なのでちょっと忙しいです。

シャンプーやボディソープなど完備。
ドライヤーは外のポップアップテント内にあるので自由に使ってね、ということでしたw

炊事場の水は飲用可能で、一部はお湯も出ます。洗剤やスポンジ・タワシなども完備。
ゴミも分別すれば回収していただけます。野生の猫ちゃんがウロウロしているので、きちんと容器に捨てましょう!

[周辺]スーパーまで5分、温泉まで30分

買い出しスポットは、キャンプ場から5分ほどのところにあります。
スーパーのほか、100円ショップやホームセンターも併設していて、だいたい何でも揃いますね。


温泉は近くになく、30分ほどの距離に「コロナの湯 半田店」があります。
キャンプ場付近には温泉旅館・ホテルが多数あり、中には日帰り入浴できるところもありますが、料金が高かったり昼食とセットのデイリーユース前提だったりで使い勝手が悪いです。

キャンプ場には自販機がありません。
歩いて5分ほどのところにある料理処「魚魚魚」の道路沿いに自販機がありました。
水分なども含めて、食料はあらかじめ全て買い揃えておくことをおすすめします。

[まとめ]知多の海を見ながらのんびりしよう

浜オートキャンプ場 

ということで、知多半島の浜オートキャンプ場紹介でした。
スタッフさんも含めて雰囲気が良く居心地が良いので、また来たいな〜と思える場所でした。

アクセスが良く早くからチェックインできるので、早めについてのんびりと海を眺めながら過ごすのがおすすめです。
帰りは知多半島沿いの海を眺めながらツーリングして、海の美味しいもの食べていきましょう!


この他にも、私が利用したことのあるバイク向けキャンプ場を多数紹介していますので、よければ↓下記リンクからご覧ください。

コメント

タイトルとURLをコピーしました