コールマン パックアウェイソロクッカー

キャンプ道具

現在私が愛用しているクッカーがこちら。コールマンのソロクッカーセット。

ノンスティック加工で炊飯や炒め物の「焦げ付き」知らず
お掃除お手入れラクラクの、優秀なソロクッカーです!

コールマン パックアウェイソロクッカー基本スペック
深鍋  Φ12.5x10cm 900ml
浅鍋  Φ12.5x5cm  400ml
収納時 Φ12.5x15cm
材質  アルミ(表面:ハードアノダイズ、内面:ノンスティック加工)
価格  4,000円
前後
メーカーサイトはこちら

セット内容

深い鍋と浅い鍋の2つがセットになった、ソロ用クッカー。
フタはありませんが、身近に手に入るもので代用できます。(後述)

深鍋はラーメンや炊飯、お鍋に丁度よい容量900ml。
浅鍋は炒めものやお皿代わりにも使える容量400ml。

豊富な内容・・・というわけではないですが、必要十分なセット内容です。
あれこれたくさん鍋を持って行くっても、結局シングルバーナーなら同時に2つ火にかけれませんからね。

限りある食器を上手く使いこなして出来る料理を考えるのも、また楽しいものです。

便利すぎるノンスティック加工

私がこのクッカーを使う最大の理由。
内側にノンスティック加工がされているので、お米を炊いたり炒め物をしても焦げ付かないこと。

特にキャンプではお米を炊くことが多いと思いますが、炊いた後の焦げ付きを取るのは大変。
ご飯食べ終わった後のあのお掃除が、面倒で仕方なかったんです。

それを解決してくれるのがこのノンスティック加工。
家庭用のお鍋には当たり前の機能が、なぜかキャンプ用クッカーに採用されている例は稀です。

この手の加工は他にもテフロン加工、フッ素加工などありますが、名称の違いだけで
中身はほとんど同じのようです。

そのノンスティック加工の実力をご覧あれ。

(左)炊いたご飯を軽くお箸ですくった状態。底にくっつくことはありません。
(右)そのまま鍋をひっくり返したあと。おこげが鍋に一切付いていません。

すごくないです?
お手入れはこのままキッチンペーパーやウェットティッシュで拭き取ればOK。
そのまますぐに、別の料理に使うことが出来ます。

お掃除も洗剤とスポンジでゴシゴシする必要はありません。
お湯を沸かしてスプーンで汚れにかけてあげれば、ほとんど落ちていきます。

便利な機能

深鍋には目盛り付き。ラーメンや鍋を作るときに、水の量を測る手間が減らせます。
底面は滑り防止の溝があります(深鍋のみ)。ST-310と相性抜群で、五徳にがっちり噛みついてくれます。

取っ手にはシリコンカバーが付いています。鍋が熱くても素手で取り扱いOK。
また、深鍋には注ぎ口があるので、マグカップなどにお湯を注ぎやすくなっています。

こういった細かいところまできちんと作りこんでいて、さすがコールマンと言ったところ。

フタ問題と収納

このクッカーセットにはフタがありませんが、100円で代用品が手に入ります。
ダイソーのシリコン蓋12cm用がぴったりフィットします。

保温や虫混入防止など、やっぱりフタは必須です。
柔らいので曲げて中に入れておけます。2枚あるとなお便利。

中には、SOTOのST-310が入ります。ノンスティック加工が傷つかない様にケースとフタでガード。
ピッタリすぎて、まるでST-310専用クッカーのようです。この組み合わせ最高。

まとめ

いかがでしたか?

くっつかない、こげつかないという最大の特徴は、不便な野外活動では強い味方となります。
巷ではメスティンが再ブームとなっていますが、お手入れなら断然こっちのが楽だと思います。


お値段も高すぎず、これからキャンプを始める人にもちょうどいい内容かと思います。
スタンダードなセット内容と言えますね。

焦げ付かないという当たり前をキャンプでも!
ちなみに、アニメゆるキャン△でリンちゃんが使っているのもこのモデルみたいですよ。

コメント