[DoD]タープ不要の大型キャノピーが自慢!ライダーズワンポールテント

北海道ツーリング2021 9日目 最終日、天塩~旭川~苫小牧

北海道ツーリング

楽しかった北海道ツーリングもいよいよ大詰め。
北海道での最終日(9日目)の様子をお届けします。

9日目は天塩のキャンプ場から、旭川を通って苫小牧へ向けて移動しました。
移動がメインでほぼ観光は無し、持ち金全部使い切る勢いでお土産を買いまくっていました。

8日目の様子はこちら→北海道ツーリング2021 8日目 紋別~宗谷~天塩

スポンサーリンク
この記事を書いた人
ヒスケ

関西・東海地方メインにフルパニア仕様のCB400SBでキャンプツーリングを楽しんでます。
キャンプ歴8年目、アウトドアが大好きでジムニーにも乗っています。
2021年の夏は初めての北海道ツーリングに挑戦します!

9日目 天塩のキャンプ場

朝6時、今日も良い天気ですっきりお目覚めです。
夜の冷え込みを警戒していましたが9度程までしか下がらず、ぐっすり快眠できました。

今日は夜11時までに苫小牧に着けばよいので、のんびりと出ようかな。
寄りたい場所も1つだけなので、とくに急ぐ必要もありません。

8時、キャンプ場を出発。
今日も雲一つない快晴!素晴らしすぎるぜ北海道!
前半は雨に悩まされたけど、最後2日間が良い天気で本当に良かった。いい思い出のまま帰れそうです。

しばらく海岸沿いを走り、苫小牧から内陸へルートを変えて士別へ向かいます。

10時40分、道の駅「羊のまち 侍・しべつ」へ到着。

北海道と言えばジンギスカン。中でもここは羊をたくさん飼っている地域だそうです。
ということでレストランでジンギスカン定食を頂きました。正真正銘、本場のジンギスカンですね。

これ食べて驚いた。
めっちゃ美味しくて、しかも5日目で食べたセイコマのジンギスカンと味がほとんど同じ。
セイコマって本当に美味しくて、結構忠実なんだな・・・。

北海道限定グッズを求めて走りまわる

12時40分、モンベル大雪ひがしかわへ。
ここで限定のご当地Tシャツをゲット!これが欲しかったんだな~。

これで北海道シャツは3枚。普段は都道府県で1枚だけ厳選して買うようにしていますが
北海道はデカい&特別なので3枚OK!また買いに来れる機会はないですからね。

北海道ソフトクリーム食べて一服。やっぱ本場のジェラートはウマい。
あとはひたすらに美味しそうなお土産をバンバン買いまくります。北海道土産って、どれも魅力的でたまらないんですよねぇ。

ついに発見!北海道クラフトホリック

道内のいろんな道の駅を見て回っても、嫁さんから頼まれていたクラフトホリックが見当たりません。
(参考:6日目のご当地土産探し

もう今日がラストチャンスなので、どうにか探さないと!
これまでは道の駅ばかり見てきましたが、ちょっと路線を変えて高速道路のPA・SAを探してみることにしました。

北海道初の高速道路を走ります。

正直、下道走ってるのとスピード変わりませんw
これじゃあ、高速なんて誰も使わない気が・・・。

15時30分、砂川SA
うーん、ここもモケケしか置いていません。モケケ勢力恐るべし。


そのまま高速を走り、札幌を通過して次のPAへ。

札幌、コロナじゃなければ行きたかったな。HTBでOnちゃんグッズ欲しかった。
高速道路上から、北海道では見慣れないビル群の街並みを横目に、次のポイントへ向かいます。

あ!!クラフトホリックあった!!

16時40分、輪厚(わっつ)PAでついに発見です。よさげな柄をチョイスして捕獲となりました。
頼まれていたお土産なので、無事見つけられて一安心。なんでこんなレアキャラなんでしょうかね?

とりあえず重要ミッションを達成したので、セイコマのポテト食べて一休み。
もうセイコマに寄ることも無いのかなぁと思うと、やっぱりちょっと寂しい。

最後の大捕り物求め、千歳へ

さてさて、あと1つだけ、どーーーしても手に入れられていないものがあります。
それが5日目でも言っていた「熊の木彫り」

北海道に来た証としてなんとしても買って帰りたい、北海道の定番にして王道のお土産。
これがまだ、お気に入りのものがみつかっていません。


道の駅にはちょこちょこ置いてあるものの、種類は少な目。
もっとたくさん展示してる専門店に行けば選び放題では?と考えお店をリサーチしますが、そんなお店は数なく、コロナで閉めているところが多数。


うーん、どうしたものか。
規模の大きいお土産屋さんを探していると「千歳空港はお土産が豊富」との情報が。

なるほど千歳空港ならお土産も多そうだし、熊の木彫りがあるかもしれない。
これが木彫りを探す最後のチャンス、千歳へ向かうことにしました。


17時30分、新千歳空港へ到着。
空港なんて久しぶりに来たけど、やっぱデカいな・・・。

空港のような人が多く集まる場所は、コロナ的に心配です。
出来るだけ滞在時間を短くすることを心掛け、マスクも新品に取り換えていざ突入です。


そしたら、中に入ってビックリ。土産屋の数が半端じゃない
見たことあるやつから見たことないものまで、360度全部がお土産屋。もうこれ北海道だろ・・・。


ただ、その中でも熊の木彫りを扱っている店舗は極わずか。
しかも時短営業なのか、目の前で閉店になってしまった。これはマズイ!

まだやってる土産屋の中で、木彫りのブースを発見!あるある、いっぱいあるぞ!
着色の有無や熊のポーズ、頭数などバリエーションが豊富です。

自分はもう、超が付くほど定番の「鮭を咥えたリアルな熊」が欲しかったので、それを探します。

こっ、これだ!!

山田民芸 裕治作「喰熊 5合 毛彫」。
自分がイメージする木彫りの熊ってまさにこんな感じ。

鮭を咥え、肥えてどっしりとした体、高級感のある光沢、バイクで持って帰れるサイズ感。
そして買いやすいお値段。もうこれしかないでしょ。

こういうのは直感でピンとくるものを買いたいので、見つけた瞬間即決しました。
めちゃくちゃ嬉しい・・・w

丁寧に包んでもらって、無事購入することが出来ました。
いまからこれをバイクで持って帰るのかと思うと、なんとも言えない高揚感が沸いてきます。

さぁ、長居は無用。さっさと空港から出ましょう。

さらば千歳。
すぐ帰ってしまうのは勿体ないくらい、土産屋がすごいところでした。
北海道旅行する機会があれば、最終日は是非とも寄ることをおすすめします。ここだけで1日過ごせそう。

最後の北海道グルメ、カレーラーメン

18時30分、味の大王へ。
千歳空港からほど近い所にある、ツーリングマップルでおすすめのお店です。
ここで北海道最後のごはんを頂きます。

看板メニューがこれ、カレーラーメン。(北海道で何度目のカレーだか分かりません)
ちょっと辛めだけど、しっかりと舌にのるウマさがラーメンとマッチして、美味しい!

これにて北海道グルメはおしまい。ご馳走でした!

苫小牧フェリーターミナルへ

20時、苫小牧東フェリーターミナルへ到着。
ここが北海道ツーリングの終着点となります。あぁ、また戻って来てしまったんだな。

コロナ禍での北海道ツーリング、悪天候も相まって大変だったけど、無事に戻ってこれて何よりです。
家に帰るまでがツーリングなので、最後まで気を引き締めて帰りたいと思います!

帰りのフェリーへ乗船します。
またいつか北海道に来る時まで、さらば!

さて、あとは本州までの21時間、ゆっくりと船旅を楽しみましょうかね。
北海道もだけど、こんなデカいフェリー乗る機会もそうそうないですから!

帰りの部屋はツーリストA、一番安い部屋です。

このようにブラインドが付いているので、プライベートもある程度確保できます。
荷物置き場もあるし、値段ほどツーリストSとさほど変わらないのかも。テレビはないけど、照明とコンセントも付いてます。

隣の部屋とはベッドがロフトみたいになってて、互い違いになってます。
ということは、ツーリストAの端のベッドは頭上が広いのかな。今後の参考になります。

9日目 まとめ
走行距離:400㎞
使ったお金:26,868円
宿泊地:新日本海フェリー

10日目 フェリー~敦賀~自宅

10日目の7時50分、朝ごはん。
行きと違ってやることが無くて暇な帰りです。クロスワードで景品を狙うも落選。

12時30分、お昼ごはん。
帰りのフェリーは暇を持て余すことを想定していたので、電子書籍をあらかじめDLしておきました。

それがこちら。
空母いぶきでお馴染み、かわぐちかいじ氏の「ジパング」

海洋で訓練中、突如悪天候からの落雷で1940年代にタイムスリップしてしまう巡洋艦「みらい」。
現代に戻るため、戦争での被害者を減らすため苦闘する乗組員らの死闘を描いた漫画です。


フェリーに乗りながら、海戦をドッカンドッカンやってる漫画を読むのはなんとも不安です。

超合本は9巻まであり、かなり気合の入った長編となっております。
テンポがよく何度も読み返したくなる空母いぶきと比べると、読破までは時間がかかりそう。

ちなみにこのツーリングから1か月経ってますが、いまだに最後まで読み切れていませんw


漫画ばかり読んでいても疲れるので、ベッドへ戻ってお昼寝。
籠ってたらツーリストAもSも一緒ですね。

18時30分、晩御飯。
今夜は敦賀のホテルで宿泊予定なので、船内で晩ごはんを済ませておきましょう。

20時30分、無事敦賀港に到着、着岸。
バイクの下船案内があったので車両甲板へ向かいます。

乗船時には無かった4輪車両が詰め込まれていて、自分のバイクを探すにも一苦労です。

4輪が全て出るのを待ってから、下船開始。
行きもそうでしたが、この間の時間が暑くてやっぱり汗だくになりますね。

無事に敦賀まで運んでくれたフェリー。
記念撮影もしたかったけど、雨なので降りずにそのままホテルへ向かいます。

そう、雨なんですよ・・・。今度は本州の天気が悪いタイミングで戻って来てしまったのよね。


21時30分、敦賀のビジネスホテルに到着。
雨のナイトランは、短時間でもすごく気を使うので疲れます。。

明日も雨模様ですが、気をつけて帰りたいとおもいます。→帰りました。(手抜きw)

10日目 まとめ
走行距離:5㎞
使ったお金:10,857円
宿泊地:敦賀 ホテルクォーレ

これにて北海道ツーリングレポートは完!
また時間がある時に費用などのまとめ記事などを上げたいと思います。それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました