24.6.23更新:バイク向けキャンプ場 に3箇所追加しました

シートゥサミットのマットにレギュラーサイズをオススメしない理由|幅が狭くてストレスに…

2.マット、シュラフ
この記事は約5分で読めます。

以前、シートゥサミットのマットを買ったものの、私には合わず買い替えたことがあります。
寝心地は良かったのに、幅が狭くてすごくストレスでした。

今回は、実際に使ってみないと分からない、結構難しいマット選びのお話です。
マットを検討するときは、使用用途を明確にして、厚みや収納サイズだけじゃなく「快適に寝られる幅であるか」もしっかりチェックしましょう。

後悔犬
後悔犬

私の失敗談を、赤裸々に告白します。みんなの役に立てばいいな〜…

この記事を書いた人
ヒスケ

中部・近畿地方を中心にキャンプツーリングを楽しんでます。
キャンプにハマって10年、累計120泊を超えました。
「本気で遊んで、誰かの役に立つ」をモットーに、情報発信していきます!



シートゥサミットのマットを選んだ理由

私が購入したのは、シートゥサミットのキャンププラスS.Iマットのレギュラーサイズ。
冬キャンプで底冷えにより寒い思いをしたことから、以下の条件で新しいマットを探していました。

・R値が高く、寒い時期でも使えること
・厚みがあり、寝心地が良いこと
・収納サイズが、フォームパッドなどより小さいこと
・値段が高すぎないこと(1万円程度)

本当はサーマレストのXサーモが欲しかったのですが、流石に高すぎて断念。
先輩キャンパーらが、よくシートゥサミットのマットを使っているのを動画等で見ていたので、自分も使ってみよう!とのことで選びました。

たくさんのモデルが有りどれを買おうか迷いましたが、価格も予算内で条件に合いそうなもの、ということでコレにしました。
有名メーカーらしく評判も悪くなさそうだったので、amazonでポチッと買いました。

寝心地と使い勝手は素晴らしく良い!

実際に使ってみると、寝心地は抜群でした。
厚みが7.5㎝とエアーマット並にあるので、どんな地面だろうが関係なく、いつでも極上の寝心地。
就寝時以外にも、座布団代わりに座っていてもお尻が痛くなりません。

また使い勝手もかなりよく、特にこの「マルチファンクションバルブ」が素晴らしい。
空気を入れるときは表向き、抜くときは裏向きにすることで、空気の通る向きを変えられます。

さらに、マットに専用のピロー(枕)を固定できる「ピローロックシステム」もかなり良く、就寝時の枕ズレのストレスがありませんでした。
専用の枕はちょっとお値段が高く、導入するか迷いましたが、コレは本当に買ってよかったと思います。

爆睡犬
爆睡犬

めっちゃいいやん!ブラボーー!!

とまぁ、完全にシートゥサミットの虜になっていた私ですが、どうしても許せずにいたことが一つあったのでした。

レギュラーサイズは幅が狭くて不愉快

それは、「幅が狭すぎてマットから腕が落ちる」ことが頻繁にあったから。
購入したレギュラーというサイズは、幅51㎝のマミー型をしています。

寝てみるとこんな感じで、両腕を下ろすと手の部分はマットからはみ出てしまいます。
そもそも幅が狭いこのマット、手が来る部分は更に絞られて細くなっているので、余計に落ちやすいんです。

これがめちゃくちゃ不愉快
これを避けようとすると、直立不動で両手を体に密着した「起立」の姿勢でいるか、ミイラみたいに体の上で手を組まないといけません。


こんなにも寝心地が良いのに、なぜこんな堅苦しい姿勢でいなければならないのか
最初は我慢して使っていましたが、回を重ねるごとにどんどん気になってきました。

マミー型シュラフと比較

マミー型シュラフを乗せると、マットの幅とシュラフの幅がほぼ同じ
身動きが取りづらいシュラフの中で、ちょっとモゾモゾするといつの間にかマットから落ちてしまうこともありました。

「キャンプでもできる限り快適に寝たい」と思っている私にはどうしても我慢できず、最終的に買い替えることにしました。

教え犬
教え犬

質の良い睡眠に、マットは重要やで。

ちなみに、私は過去「長さが短いマットを選んで失敗した」こともあります。
今回とは直接関係ありませんが、そういうこともある!ってことを覚えておくと良いかなと思います。

その時の詳しい様子は↓こちら。

教え犬
教え犬

私、道具選びの失敗も結構多いんです。

レギュラーサイズはUL系向きのモデル

そもそもレギュラーサイズは、マットを最小限のサイズにすることで収納サイズを小さくする、徒歩などのUL(ウルトラライト)系キャンパー向けのモデル
快適性よりも荷物のコンパクトさを優先するような場合に選ぶべき物なんですよね。

私はコレを知らなかった、というか「つい安いから」という理由でレギュラーサイズを選んでしまいました。
バイクも荷物のコンパクトさは大事ですが、ここまで追求すると流石に支障が出ます。

本当に荷物を小さくしたいなら、インフレータブルマットではなくエアーマットを選ぶべきですね。

レクタンギュラーレギュラーワイドに買い替え

マットを買い替えることになったものの、シートゥサミットに惚れ込んでいた私。
他社に買い替える選択肢はなく、同社の中から私に合うモデルを探すことにしました。

ここは単純に、幅が広いモデルを買うことにしました。
ついでに、ワンランク厚みが薄いモデルだと寝心地がどう変わるか、という検証も行うことにしました。

そこで購入したのが、厚み3.8㎝の「キャンプマットS.I」
サイズは幅64㎝で長方形の「レクタンギュラーレギュラーワイド」にしました。(製品公式ページはこちら)

厚みが薄くなっても寝心地の良さは健在で、こちらも素晴らしいマットなのでした。
そして幅が広いおかげで、レギュラーで気になっていた快適性も完全にクリア

もちろんこのモデルにも、マルチファンクションバルブやピローロックシステムを搭載。
文句のつけようがない完璧な寝床をついに発見しました。


それぞれのマットの比較については、下記↓の記事にて詳しく記載しています。

エジソン犬
エジソン犬

失敗したのではない。うまくいかない方法を見つけてナンチャララ。


ということで、シートゥサミットのマットにレギュラーサイズをおすすめしない理由の解説でした。

一概にレギュラーサイズがダメということではなく、それぞれの用途にあった道具選びをすることが大事です。
でも、そういうのって商品紹介や評価だけを見ても分かりづらくて、実際に比べてみないと判断できないんですよね。

私は一度失敗して買い直してる分、多くの方の参考になるかな?と思ってこの記事を作成しました。
皆様のマット選びの役に立ったら幸いです。それでは!

コメント

タイトルとURLをコピーしました