ライダーズワンポールテント:タープ不要でバイクに最適!

1.テント、タープ

キャンプツーリングと相性抜群!DODのライダーズワンポールテントをご紹介します。
ライダーのために考え抜かれた作りで、バイクで旅するキャンパーに大人気。

いままで何種類ものテントを使ってきましたが、バイクに特化するならこのテントが一番。
「バイク用のテント、どれを選べば良いの?」とお悩みの方。ぜひ参考にしてみてください。

DOD ライダーズワンポールテント基本スペック
展開サイズ 290x290x183cm
収納サイズ Φ14x50cm
重量    2.6kg
耐水圧   フロア3000mm/フライ2000mm
価格    17,000円
メーカーサイトはこちら

こんな人にオススメ

・キャンプツーリングを始めたいが、本当にいいテントが分からない
・ドーム型テントに毎回タープを張っていて、面倒だ
・とにかく簡単設営な方が良い
・テントひとつで寝室もリビングもベランダもカバーしたい

ライダーズワンポールテントにタープを接続する方法はこちら。

タープ不要!ひさしが便利すぎる

このテントの一番の特徴は、タープにもなるひさし

フライシートの出入り口は左右にファスナーが付いており、状況に合わせて
ひさしで影を作ったり、両方跳ね上げて簡易タープとして使うことが出来ます。すごい変形ギミック!

テントひとつでいろんな使い方が出来るので、別途タープを持って行く必要がありません。
= 荷物を減らすことが出来る! ※ 別途ポールは必要です。

これが、最もバイクに向いていると思ったポイントです。


テントは寝る為だけの場所ではなく、キャンプしている時間を楽しむための
インナーが寝室なら、前室はリビングで、ひさしで作るタープはベランダかな。
1つのテントで3ルームを使い分けられるんです!

荷物の量が限られるバイクで、テントひとつですべてに対応できると最高に便利です。
直射日光や夜露、雨風でも快適なアウトドアも楽しめます。

めちゃ広いインナーと前室

便利なひさしばかりが目につくこのテントですが、そもそもの空間が広いんですよ。
縦横290cmというフロア面積があり、ソロテントとしては十分すぎるほど広い!

そうち、半分が前室として使える土間スペースになっています。
この広い土間空間が、テントの中で野外活動を行うのにすごく便利。

テーブルとイスを置いて、料理をするのも余裕の広さ。
マットとシュラフ以外の道具を前室に置いたってまだスペースがあります。贅沢すぎる・・・!

この広い空間を最大限使うためにも、地べたあるいは座面の低いローチェアをオススメします。

もちろん、就寝時はすべての道具を入れておくことが出来るでしょう。

最近は道具の盗難も多いと聞きます。
イスや焚火台を出したまま寝る方をよく見かけますが、真っ先に狙われますよ。絶対に片付けることをお勧めします。

前室の小さいドームテントなどは、道具を畳まないと収まらないかもしれません。
そういった面でも、広い前室があるテントは有能だと思います。

設営・撤収が速い

ワンポール構造なので、設営・撤収時間はかなり短いです。慣れれば5分程度。
がっつり走って夕暮れごろにキャンプ場に着いても、ササッと設営。
朝早く出発したいライダーにとっても、短時間で片付けられる方が良いですよね。

設営方法は至って簡単。
フライシートを広げて、5か所にペグダウン。ポールを立ち上げれば本体は完了。
インナーテントをバックルとトグルで接続、インナー用のペグを1本追加で完成です。

ドームテントほど力が要らないので、疲れているときや女性にもありがたいですね。

設営・撤収が速いということは、雨に濡れる時間が最小限で済みます。
ひとまずフライだけ立ち上げれば、あとはテントの中でゆっくり作業できますからね。

クルマのように雨を遮る手段がないバイクにとって、素早く屋根を確保できるのは本当に心強い。
雨って身体的にも肉体的にもダメージデカいですから・・・。

5角形は端を使いにくい

便利すぎるテントですが、使っていて不便だなと感じたことが数点あります。
致命的なものではないので、あらかじめ把握しておけば大丈夫!

まず1つ目。
テントのフロアが5角形なので、ペグを打つ時のフライの張り具合にコツが要ります。
均等に張ってペグを打たないと、立ち上げたときにイビツな形になってしまいます。
あとでペグの打ち直しをすればよいのですが、2度手間になるのでちょっと面倒。

2つ目。
インナーが5角形の半分という異形なので、荷物を置く場所がちょっと変則的になります。
スペース自体は広いんですが、一直線に並べて置くことは出来ません。
角の出っ張った部分にヘルメットを置けば上手く収まります。

これに関しては、四角形フロアのパンダテントの方が使いやすいなと思います。

ぴったりのグラウンドシートがありません

これは上記と同じ理由です。
5角形またはその半分という形のグラウンドシートはありません。

私は寝る部分だけをカバーするようにシートを折り畳んでいました。シートが無い部分のインナーの底はちょっと濡れますね。
ピッタリサイズが欲しければ、自作するしかありません。

せめてDODがオプションで用意してくれていたら嬉しいんですけどねー・・・。
ま、無いものは無いんです。

まとめ

バイクに余裕で積める収納サイズと、タープになるひさし、広い土間を備えた多機能テント。
ツーリング用テントに迷ったら、この商品を強くお勧めいたします。

ライダー向けというニッチなニーズにも応えてくれる、DODのライダーズシリーズには
他にもたくさんの商品がラインナップされているので、ぜひチェックしてみてください。


真っ先に登場したのがかっこいい黒。私が使っているのもこちら。


後になって流行りのタンカラーも出ました。めっちゃいい色。

コメント