WAQのキャンプマットを買ったので、サーマレストと比較する

2.マット、シュラフ

長年使っているサーマレストのZライトソル。
冬キャンプをするようになってからスモールサイズでは物足りず、かなり厳しい状況でした。

冬に限らず、マットの長さが短いというのは眠りの質にかなり影響します。
失敗から学ぶことはたくさんありました・・・。

改善策として、同じZライトソルのレギュラーを買おうかと思っていたんですが、よく似た商品がWAQから発売されているではないですか。
物は試しと購入してみました。

サーマレストの半額で買えるこのマット、果たしてどこに違いがあるのか?
比べてみました。

WAQ キャンプマット基本スペック
展開サイズ 182x57x1.8cm
収納サイズ 15x57x12cm
重量    480g
片面アルミ加工
価格    3,100円
メーカーサイトはこちら

なんたって安い!

このWAQのマット、なんと価格がサーマレストの半額並みです。

サーマレスト 6,800円前後(楽天)
WAQ 3,100円

サーマレストはこの金額出してでも使いたい、非常に良いマットですが、
WAQはそれを半額で出してきました。まずそこに驚きですね。

銀マットからのステップアップ、マットの買い替え・買い足しを考えている人に嬉しいお値段。

ちなみに、メッシュの収納ケース付きです。
サーマレストは収納ケースで1,000円しますからね・・・。

サイズも大きめ

WAQの方が幅が広いです。

サーマレスト 51cm
WAQ 57cm

マットの幅が広ければ当然、寝返りや姿勢が変わっても快適。
サーマレストで狭いと感じたことはありませんが、比べてみるとやっぱり広いほうが良いですね。


ちなみに長さはサーマレストのレギュラーとほぼ同等の182cm
私のサーマレストはスモールサイズなので、並べると明らかに違います。

当然ですが、頭や足先がマットからはみ出ることはありません。全身マットの上。
あぁ、素晴らしいこの安心感・・・。

暖かさと寝心地

一番気になるのは、暖かさではないでしょうか?
サーマレストといえばアルミの熱反射ですからね。WAQにも同等の効果を期待します。

実際に寝転がって比べてみたところ、WAQにも暖かさを感じました!
あの背中がポカポカする、床暖房のような暖かさ。ちゃんとWAQにもありました。

うまく検証できずに数値での比較はできませんが、「同じぐらいかな?」と思えるレベルでした。
床が冷たいコンクリートでの検証だったので、断熱性能も確かだと思います。

一方で寝心地はというと、WAQのほうがやや硬さを感じました。
凹凸も尖っているというか、少し体に刺さる感じ。痛いわけではありません。
厚みはサーマレスト2cmWAQ1.8cmです。

ただ、比較対象が使いこんだサーマレストなのでそう感じるだけで、
もしかしたら新品のサーマレストもそう感じるのかもしれませんね。そういえばそんな気もする。。


寝心地検証兼ねて、ガレージで一晩寝てみました。
気温10度程度の夜でしたが、底冷えもなく実用性もOKでした。

さすがに固いコンクリートの上をマット一枚で寝ると腰が痛くなりますが・・・。
普通の芝や土の地面なら、問題なく寝れると思います。

まとめ

サーマレストも本当にいいマットですが、あのお値段では手を出せない人も多いはず。
半額でこのレベルのマットが買えるなら、十分アリだとおもいます。

両者よく似たマットですが、1番の違いはアルミ加工の手法
サーマレストはアルミ蒸着に対して、WAQはシート貼り付け。耐久性が気になります。

いわばZライトの形をした銀マット。この辺りが一番コストに影響しているかなと。
この辺りは今後使い込んで確かめたいと思います。


過酷な状況でも確かなものを、という人はサーマレスト。
オートキャンプなどのレジャー用途ならば、WAQ。

使う状況に合わせて選んでみてください。

コメント